アフターピル 通販・ genecli.com

アフターピル(アイピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


お薬コラム

アフターピルに関しましては普通の避妊法として使用すべきではありません。あくまでも緊急を要する時に使うフォロー用だと考えるべきだと言っていいでしょう。
日本のファイザー(株)純正品のバイアグラ50mgは、昔2錠シートのものもありましたが、現在は10錠のものしか販売されていません。
アフターピルは女性ホルモンのお薬ですから、生理を少し不安定にさせるのが通例です。遅れたり早まったりする可能性がありますが、全ての人に起こるというわけではないのです。
バイアグラが効きづらかったり効果が実感できなかった方でも、レビトラであればそこそこ期待できるはずですのでトライしてみる価値があります。
ピルにはにきびを改善したり生理痛を抑制したりする効果もありますので、上手に使うことで人生が一層快適なものになるのではないでしょうか?

ジェネリック医薬品には味に改良を加えた物や小型化したもの、シートであったり錠剤を改良したもの、はたまた飲み易さであるとか内服間違いに対する工夫が行われているものも少なくありません。
生理の前にむくみ等の症状に見舞われる人がいるのはご存じでしょう。ピルも同じで強制的に生理前の状態を作り上げているので、むくみ等の症状が出たりするのです。
健全なダイエットをお望みなら、カロリーの高い脂質分を排出するゼニカルがお勧めです。食べ物から摂った油分のおよそ30%を排泄物として出す働きをしてくれるのです。
食事に影響を受けるということがほとんどなく、最大36時間もの間効果が維持されますので、数多くの人がそれまで使用していたED治療薬をシアリスに乗り換えたそうです。
油分を多量に含有するおかずなどを食す時に、主体的にゼニカルを摂取することをおすすめします。効果として確実に脂をウンチと共に排出することが可能です。

シアリスの特長は服用後約30~36時間という長い時間に亘って効果が望めるという点で、性行為の前に急に飲用することが不要だと言えます。
バイアグラの日本国内での特許期間は2014年5月に満了して、厚労省より認められたジェネリック医薬品が医薬品開発会社10社より世に出されています。
コンタクトレンズを入れている人は、ケアプロストを点眼する前には取り除いて、点眼後15分~20分くらい経過してから、再度コンタクトレンズを付け直すようにしましょう。
まつ毛の本数を増やしたいのであれば、ケアプロストの使用をお勧めいたします。人により多少の違いはありますが、1ヵ月程度で効果を得ることが可能です。
ゼニカルというのは外国製で欧米人の体格に合わせて開発・製造されているというわけもあり、場合によっては消化器系に負担を掛ける危険性があることを認識しておいてください。